toggle
PR・映像からコンサート・舞台撮影のエンターテインメント ライブ配信
2013-05-12

VS .movファイル 悪戦苦闘の結果は、、、

今回の話題は、クライアントさんの持ち込みのmovファイル、、、
apple FCPXで書きだされた120分から180分のイベント収録素材が30本程度あり
それを元にプレビュー用blu-ray制作とデータ保存用としてblu-rayへのコピーする問い合わせです。

まずは弊社編集用1番機EDIUSにて検証開始するもファイル自体を読み込みません。
.movをQuickTime Playerで再生させるも再生されるは音声のみ。

続いてはFCPXでblu-ray。
専門誌などによると他の編集、エンコードソフトに比べると画質が悪いとの評価を見かけていたので
あまり気が進まなかったのですが一応検証する事に。
こちらは問題なく作業開始。
blu-rayドライブ非搭載なので
FCPXでブルーレイIMGファイルを作成しそれを他のPCで書き出し作業。
ちょっと厳しいレベルの仕上がりだったので断念。

ちなみに.movのコーデックは sony XDCAM EX
少々珍しい組み合わせに思います。
弊社、撮影にSONY製カメラを使用しXDCAMフォーマットで収録する事が多いため
MACにはこのコーデックを入れていたのですが入っていないMACはやはり再生しないのでしょうか?

.movは比較的汎用性の高いファイル形式なのですがその裏に潜んだ「コーデック」という
エッセンスがたまにこのような状況を引き起こします。
クライアント様に伺えば.movを所有のPCで確認されたところ再生しなかったとの事。
Apple ProRes 422 やH264 であれば「QuickTime Player」で再生する可能性も高いのですが…
今回は他社さんではありますが収録~編集への道筋が一社完結、または事前に確認済だったと思われ
スムーズに進んでいたと想像できます。

最近はお客様所有のハンディカメラの映像を使用する事も多くなってきています。
各社多様な録画フォーマットを出しており苦労する事も。

で、今回の結果は、EDIUSをバージョンアップさせる事でクリアしました!

関連記事