toggle
PR・映像からコンサート・舞台撮影のエンターテインメント ライブ配信
2014-03-19

キャッチコピーってどうやって考えてます? 動画でマーケティング

“キャッチコピー”ってホームページやチラシなどあらゆる広告物に必要ですよね?
経営者や宣伝担当の方はどうやって考えていますか?
広告会社に頼んだり、社内で考えたりされてると思います。
でも、なかなか難しいですよね。
考え抜いたコピーでもお客さんに伝わらなければ意味がありませんし。
そこでとっておきの方法があるんです。
お客さんにインタービューしたりアンケートに答えてもらうんです。
インタビューはハードル高いですか?そんなことありません。
アフターフォローの一つとしてやればいいのです。
お客さんが答えづらそうなら第三者として私たちもよく代わりにやります。
アンケートも統計を取るためではありません。
顧客の購入までの心理プロセスが見えたり実感が文字として表れていたら成果です。

で、キャッチコピーとなんの関係があるかというとお客さんの話には
自分たちでは想像できない表現や感想が出てくるのです。
それはどんなに頭をひねっても出てこないコピーだったり、
自社サービス、商品の魅力だったりします。
先日も某ハウスクリーニング会社の広告物制作のため以前サービスを受けられたお客さんから
お話を聞かせて頂いたところピッタリのコピーがお客さんの口から出てきたんです。
まさに「コピーの宝石箱やぁ!」。。。失礼しました。。。

動画マーケティングを展開する際もお客さんの声を聞く事は重要視しています。
困ったときにはお客様に聞く!
これ大事です。

ICレコーダー

 

関連記事